お盆休みのお知らせ

申し訳ありませんが、8/11〜8/17までお盆休みをいただきます。

この間に頂いたお問い合わせ、お申し込みは8/18以降にご連絡いたします。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

千葉で外国人の方の配偶者ビザ・就労ビザ申請・パスポート申請代行ならおまかせください

__sozai__/0006854.jpg千葉県習志野市を拠点に活動する行政書士の吉川暁子です。

当事務所は在留資格(ビザ)に関するサポート、パスポート申請の代行サポートなど、国際業務を中心に業務を行っております。

 

在留資格サポート・・・・外国人の方のビザに関するサポートです。

就労ビザ・配偶者ビザなどについてこんなとき、お問い合わせください。

・外国人を雇いたいが、どうしたらよいのか…?

・外国人の配偶者を呼び寄せたいがどうしたらよいのか・・・?

・日本人の妻として配偶者ビザで日本に住んでいるが、離婚することに・・・どうしたら・・・?

 

パスポート申請代行サポート・・・・日本人の方のパスポート申請代行サポートです。

旅券事務所は、土日祝日は利用できず、平日お休みのない方は有給を利用するなどしなければ

パスポートの申請を行うことができません。

当事務所では、平日の申請を代行させていただき、千葉中央・葛南(船橋)・松戸旅券事務所での

受取を頂けるように手続きしますので、これらの旅券事務所で日曜日にお受け取りいただくことができます。

パスポート申請は当事務所にお任せいただき、有給は旅行におつかいください!!

 

その他、離婚に関する書類の手続きや車庫証明の申請代行も承ります。

お問い合わせください。

在留資格サポート

0016384.jpg外国人の方が日本に滞在している場合、何らかの在留資格を持っています。

それらの在留資格を一般にビザと呼んでいますので、ここでも「ビザ」とさせていただきます。

ビザの種類は27種類にわけられます。

ビザの手続きは、書類を書いて提出すれば簡単に認められる、という種類のものではありません。

理由書などの作成にはコツがあります。

はっきり言えば、日本語の問題だと私は考えています。いかに説得力と妥当性を

主張できるかで許可がおりるかどうかは分かれることがあります。

(当然、虚偽の申請は認められませんので、主張できる事実があることが前提ですが)

また、入国管理局が必要と指示している書類だけを提出して許可されるケースと

それだけでは認められないが、他に書類を用意することで許可される可能性が高まるケースがあります。

圧倒的に多いのは後者ですが、入国管理局ではそれを教えてくれません。

在留資格のサポートは当事務所にご依頼ください。

 

 

●会社様・・・・就労系ビザ「技術」「人文・国際」「技能」

●個人様・・・・身分系ビザ「日本人の配偶者等」「定住者」など

 

外国人を呼び寄せたいとき(在留資格認定証明書交付申請)

在外の外国人を呼び寄せるときの手続きは

原則として日本国内の呼び寄せる企業(の担当者)や親族などの身元を保証するものもしくはその代理人である申請取次行政書士等が本人に代わって入国管理局に在留資格の申請を行ないます。

入国管理局に在留資格認定証明書の交付申請(日本国内)

                   ↓

在留資格認定証明書の交付(日本国内)

                   ↓

受理した証明書を海外にいる本人に送付(原本)

                   ↓

本人が在外公館にて在留資格証明書を提示、査証を申請
(この手続きは簡易なもので、本人で充分に対応が可能です)
(日本国外)

                   ↓

本人へ査証の交付(日本国外)

                   ↓

渡航

                   ↓

上陸(旅券・査証・在留資格認定証明書の提示)(日本)

                   ↓

入国(日本

在留資格の変更手続き

現在許可されている在留資格が該当しなくなるとき等に行います。

例えば…

●日本の大学に留学していたが、卒業後、日本で就職するとき

●日本人の配偶者等の在留資格で滞在していたが、離婚したので就労系の在留資格に変更したいとき

●プログラマーとして技術ビザで滞在していたが、翻訳の業務に転職するとき

などが該当します。

特に、留学生など、就労が認められていない資格から、就職及び就労資格に変更したいときは、

必ず、変更申請が許可されてから就労しなければなりません。

(不法就労となる可能性があります)

特に3月は毎年留学生の変更が多く、入国管理局が込み合いますので、2〜3か月前を目安に

早めの申請をおすすめします。

待ち時間も大変多くなりますので、申請の取次は当事務所におまかせください。

在留資格の更新手続き

外国人の方が在留期限を超えて日本に滞在するときは、更新手続きが必要です。

必ず在留期限までに更新手続きを行わなければならず、1日でも超えたときはオーバーステイとなりますので、注意してください。

 更新手続きは、3か月前から受け付けてもらえます。早めの申請をおすすめします。

 

 

お問い合わせは

お気軽にご相談ください
047-407-0657

受付時間 : 9:00〜17:00

フォームからのご相談はこちら
▲このページのトップに戻る